MNBインターネット大学が時代の流れとともに行うこと

(MNBインターネット大学)

MNBインターネット大学のプロジェクトを立ち上げました。やはり、グローバル化、個人主義で、組織的に頼らない稼ぎ方というものが、今後、非常に重要になると思います。

日本経済を見ていると、家電メーカーの崩壊、そして、次は、大手都市銀の大規模リストラ、そして、自動車メーカーの危機と昭和の大企業の危機が今後訪れると予想できます。

歴史的周期で言えば、72年周期出回っていると言われるので、まさに、今は、終戦後の年、これから数年は、日本焼け野原になり、そして、そこから這い上がる時期、しかし、非常に貧困で厳しい時期を超えてきたという72年前の歴史があります。

すなわち、社会体制が一気に変化するとき。
戦後間もなく、ヤミ米を販売して儲けた人間がいました。まさに、闇でも、なんでも個人主義で生き抜いた人が、混乱期に財をなしたといえます。

中国メーカーの台頭で、日本の家電メーカーが規模で太刀打ちできなくなり、敗退。そして、次は、インターネットの発展で金融取引、銀行業務自体がコンピューターシステム上でおこなわれるようになり、人が必要なくなり、大型リストラ、そして、内燃機のエンジンから電気自動車になり、自動車メーカーの最大の参入障壁であったエンジン製造ということが、電気モーター化で自動車自体が、モジュラー化が簡単になり、新業態からの参入が相次ぎ、大手自動車メーカーも変革を余儀なくされる。

簡単に言えば、電気自動車になれば、メンテナンスフリー度が高まり、定期的なエンジンオイル交換もなくなることで、自動車産業自体に構造変化が起こる。

すなわち、職をなくすということが起こる。

一般事務職などの仕組みも機械化すれば、効率化がまし、辞任削減ができる反面、組織的仕事を行う必要もなくなる。

すなわち、機械化や情報産業の効率化をすすめていけば、管理する人間は必要であるが、作業がどんどんなくなっていく。大企業という存在自体が意味をなさくなる。

日本の教育で、集団行動により生き抜くための知恵よりも、個人主義で世界のどこでも行って生きていける。インターネットを使って世界のどことでも取引ができてトレードできるという知識のほうが生き抜く才能として非常に重要になる。

組織が崩壊した後に生きる方法は、なにかどこから、チャンスを見つけてくるハンター的な力が重要になる。

生き方の選択は、地球規模で何かを考え、どこかに何かを見つける力があることがチャンスを探すための力である。

インターネットで世界が繋がった今、戦後間もなく、日本のヤミ米を何処かから探してきて、瞬時に必要な場所に卸すという感覚とおなじで、世界何処かにある情報を見つけ、違う国に移してそれを販売するという広い間隔を持って生きることが大切になる。

日本だけでも物事を考えていれば、今後、連続的に起こるかもしれない大企業の崩壊が、結論、組織力では生き抜けない時代が一時期であるが続くだろうと予測している。

まさに、知恵ある行動力あるものとそうでないものの富の格差は、大きく開くだろう。

そんな世の中であるからこそ、グローバル社会で個人主義になる世界で生き抜く方法を研究すべきと私は思っている。

それをテーマにしているのが、「MNBインターネット大学」です。

ABCマーケティングの変化

「ABCマーケティングの変化」

人のつながりを表現するときに、ABCという表現で説明することがある。

AさんとCさんをつなげるときに、紹介者であるBさんがいるということは、普通多くあります。

しかし、今、インターネットのSNSなどが発展したことにより、Bさん (つなげ役 ブリッジ)の存在が必要なくなってきているのです。

AさんとCさんは、全く知らなくても、インターネット上に、Aさんの情報があれば、Cさんは、インターネット経由で直接話しかけられる世界が形成されていることになります。

過去は、間に立つ、Bさんの存在が重要な役目をしていましたが、今は、Bさんは、インターネットの通信と発信する情報というものにBさんの役目を奪われる結果になってきています。

今後、紹介者、仲介者などが必要なくなってくると言われれいます。正直、Bさんは何も持っておらず、人を紹介するだけでは、仕事として成立せず、食っていけないことになります。
すべてが、Aさんのような何かビジネスの手段、仕組みを持っていない人は、仕事をなくすことになります。

アマゾンなどの流通形態は、中間流通を削減するという物価を抑える仕組みに貢献していますが、ブリッジの中間問屋、仲買人さんの仕事を奪っていることになります。

ですから、めざすところは、Aさんとインターネット発信ということになります。

Aさんとしての何か提供できる立場、そして、インターネットを用いて、Cさん(お客 カスタマー)とつながることです。

よって、Aさんにとって必要なことは、出せるサービス。商品が付加価値があるか、また、それを効率よくインターネットで伝達しているかということがポイントで多くの顧客とつながるインターネットマーケティングをおこなっているかということが今後のテーマになります。

ですから、今後の社会は、個人主義者としての生き方のテクニックをどこまで極めるかということが、これからの生き方を極める上で重要になります。

もう、集団的な生き方は、今後 10年、20年で崩壊していき、人間同士のつながりは中間をなくし、必要あるひとがダイレクトに繋がるという世界形成になっていくでしょう。

すわわち、個人主義社会をいかに生きていくかということが、今後の人生にとって、非常に大切なポイントになります。

私は、このテーマに取り組みたいと思っているのです。
MNBインターネット大学では、そのような生き方をできる人の育成と教育を目指すことを目標としています。
個人主義者として生きる方法を国際ビジネスを通して学ぶ・・・

「MNBインターネット大学」プロジェクトが開始

「MNBインターネット大学」プロジェクトが開始します。

海外と日本を周り、インターネット時代と、個人主義時代をどう生きていくかというテーマでいろいろ研究してきました。

これから10年先は、会社組織というものが崩壊していくのではないかという話もあります。インターネットやAIなどを用いて、一人の人間が処理できることが多くなり、仕事においてどんどん人間の作業が機械化されていきます。そうなった場合、個人主義でどう生きていくかということがテーマになります。

私自身、個人主義で自由にどう生きていくかということを長年、研究しながら試行錯誤しながら生きています。

これからの時代は、個人の生き方をどうするかと言う考えで、会社組織に属していれば生きていけるという時代は、今後どんどん厳しくなるでしょう。

まさに、海外に一人で出かけて開拓民のような生き方をどうすればいいのかということが問われます。

MNBインターネット大学では、国際ビジネスなどを通して、どんな生き方ができるかなどをテーマにいろいろ講義をしていければと思います。

ですから、大人数で何かをする組織という生き方教育でないということが大切です。

日本の学校教育は、組織社会を作り上げるための教育であって、個人主義を優先する教育は一切おこなっていないのです。国民サラリーマン化教育です。
逆に、大企業が倒産する中で、その教育方針では生きていけない人が今後どんどん増えていくでしょう。

個人主義でビジネスをする生き方教育。そこにフォーカスを置いて生き方について研究しながら教育に生かせればと思います。

時代は、組織教育から個人主義教育への転換期が来ています。既存の学校教育プログラムとは真逆の世界ですが、人の意識、社会体制が相変化していっています。

それが。いまの社会の歪になっているのです。

MNBインターネット大学を開校いたします。

「MNBインターネット大学」を開校する。

今、ひらめきがありました。誰でも見れる「インターネット大学」を開校しようかと思いました。ただ単に、私が、海外や日本を回って知った知識について教える大学を開校します。

学校名は、「MNBインターネット大学」という名称にします。

海外ビジネスや、海外に目を向けて20年以上やってきた経験がありますので、人より多少、海外については理解していると思います。

また、セミナー講師(ジェトロ、商工会議所など)や大学講師も過去多数おこないました。今思えば、中国の最高学府 北京大学 EMBAの外国人発の講師もしました。2010年。きちんとお給料ももらったので、偽物ではありません。北京大学のEMBAの講義の紹介では確か、「教授」と書いてくれていました。といっても、記念的なものだとおもいますが・・・

それ以外にも上海立信学院や、中京大学で非常勤講師もしました。勝手にインターネット大学を開校して、海外ビジネスやアジアや日本の情報を知り得ることを公開できる話などを色々書いていきたいと思います。

私は、大学で博士号まで勉強した学者ではありませんが、ビジネスを通じて色んな経営者や国の上層部にいる方などと多数お会いして話す機会がありました。今でもそのような方とよくあって話ししています。

人間味のある社会の学問として、いろいろ教えて行きたいと思います。

教育方法としては、基本はインターネットで講義を行う。文章で講義を行う。など、時間があるかぎり、講義のテーマを決めて、教育を行うことにします。

________________________

学校名 「MNBインターネット大学」
本部 東京都港区麻布十番2-1-10 Azabu You田中ビル4F
運営会社 一般社団法人ジャシボ 教育部
理事長 小谷 学
________________________

私の若いときからの目標
若い時は、「商売人」次は「政治家」最後は「寺小屋で学校開く」

中間の政治家は、たしかに興味があって2012年に衆議院選挙に出馬、落選という結果出終わったのですが、今でも永田町の政党関係者といろいろ話す機会があるので、政治家になっていませんが、民間人としての意見交換はいろいろおこなっているということで、自分なりに多少関わりを持っていると思っています。

あとは、最後の目標、寺小屋すなわち、大学を行うことですが、本当の大学を経営するにはあまりにも多額の資金がかかるということで、経営する苦しみがあっては、教えるどこではなくなるので、教えるという立場でいえば、「インターネット上で大学」を開校するほうがいいという判断になりました。

一応、最後の目標である最後は寺小屋 という道を実現していくことになります。

今後、新しいチャレンジですが、「MNBインターネット大学」を開校していきます。

ちなみに、MNBは、 Ma Na Bu  まなぶ という私の名前と、学 という学びの意味をかけて  MNBインターネット大学という名称にしました。

今後、この事の立ち上げ、人生の最後のプランニングの部分を行っていきます。

今後、「MNBインターネット大学」がまともな事業になりそうでしたら、仲間の色々経験している人を集めて普通に学校では教えてくれない教育、生きるための教育をMNBインターネット大学で行いたい思います。

まずは、私一人で立ち上げます。

これを行えば、人生最後の目標の行動が開始になります。「MNBインターネット大学」個人的にはいい名称だと思っています。

人の生き方の選択はマルチタスク

ビジネスする上で、常に考えて置かなければならないこは、多数の収入源を持つことだと思っている。私は常に、多数の通貨、多数の収入をバラバラ得る方法について考えている。多岐にジャンルを分けて収入源を持つことは、一つ、2つのことがだめになっても、ほかが生きているからなんとかなるという思考になれるからである。

もし、一つしか収入を得る手段をもっていなけば、なにかトラブルが発生すれば、収入をえる道をなくしてしまうことになる。

最近のこだわりは、人数がいないと稼げない仕事はやらない。一人で多数の収入源を持つという生き方の選択をしようと意識を向けている。

インターネットの情報網が発展すれば、製造業などのジャンル以外では、複数の人間が協力して仕事を完成させるということは、実は、情報の保持という観点からみても非常に難しいといえます。

情報が命の商売をしていれば、その情報を知りえた人が、どようの商売を始め、売れない世界になります。
もう情報、知識だけを売る仕事は、インターネットが情報漏えいの速度を高め、知識を売りにしたビジネスの成立を難しくしていることがいえます。

個人主義ビジネス、そしてマルチタスク的な生き方をする選択を選ぶべきでだと思うのです。

特殊技能で、コンピューターには真似のできない芸当だとすれば、生きる道はあるかもしれませんが、高度な機械化、人工知能、また、人ができる仕事の多くがコンピュータープログラミングの世界で書き表せる時代になった今は、コンピューターと勝負して人が勝てない世界になってきているのです。

そうなったときに、コンピューターに負けず、仕事を得る、収入を得るという選択は、情報産業ではなく、マルチタスク的アナログ的な生き方の選択ということになると思うのです。

コンピューター、ロボットが実現できない世界がどこにあるかを、探しその中で、人としてできることを探すという選択になります。

いずれにしろ、マルチタスクのビジネス精神を持っての生き方の選択を続けなければ、コンピューターの計算したことに対して、人が動かされる、AI知識からの逆支配を人がされる時代がもう目の前にやって生きることに危機感をおぼえなければならないでしょう。

インターネットの中のコンテンツとしての生き方の表現が重要

今後実験してみたことがある。インターネット上だけでほぼ生きる。インターネット上に自分像を出すことで、バーチャルの世界だけで関係構築する。たしかに、SNSが発展したおかげで、その関係構築が人間関係が希薄であるが、構築されていることは事実である。

不特定多数の人との付き合いは、バーチャル世界だけで完了して、バーチャル世界の自分像と、そして、自分の世界の生き方というものを完全に分離する必要があるだろう。

これからの時代、人の世界は、AIによって構成される。AIがひとのような意識を持ち、考え方などを述べるのようになる時代に、人間もまさに、AIのような露出の仕方、表現の仕方が重要だろう。

愛されるためのマーケティングで印象いい自分を主張するより、個性と、自己意識を出すことのほうが、万人受けする世界溶離も、一部の人に認められるコンテンツのほうが重要になる。

もうインターネット上で形成されれいる人の関係にも、個性と意識が存在しているのである。

多くの人がテレビドラマをみて、その主人公の役柄で、その役者の性格を、あーだ、こーだ というものとおなじである。

インターネットの中で露出するということは、作られた個性でいい。

ただ、みんなに愛される人づくりして、いい人ぶっても、コンテンツとしては、面白みがない。

そうなれば、バーチャルな世界で生きるひとは、バーチャルの中の人で完結するものを形成すればいいことになる。

有名なタレントのことをテレビではみたことがあっても、本人にあったことない。でも、そのひとのことをよくしっているような錯覚になる。

それで、その人のコンテンツに興味をもち、お金を出すのである。

だから、役柄、作られているなど、まったく関係ないことに気付く。

今言いたいことは、人の世界は、完全に、インターネットが登場したことで、現実世界と違う、別の意識体、別の世界ができあがっているということができる。

だから、バーチャルな世界は、バーチャルな世界で完結すればいいという考え方である。

幾つかの人物像で生きることができる時代が到来している。すなわち、人生は、いろんな角度から行き方を選択できることになる。

金儲けの社会構造が過去とは違う

お金を得るということだけにフォーカスすると決めた瞬間、気が楽になった。今の社会構造は、金儲けと人の関係はほぼ関係なくなっている。金融社会の発展が、完全に人間社会の構成をすることが金儲けになるのかという、古来の考え方を完全に破壊していたことに気づいた

中国では、「関係とかね」という言葉あるが、関係、金、コネも必要かもしれないが、その道程は、金儲けとして大変な道のりである。

金は金で得る。金儲けと人の関係は関係ないという目線で経済的豊かさだけを追求すれば、結論、人間関係がどれだけ重要かといえば、さほど重要でなくなる・

多くの人と付き合う、仲間集めなど、しても意味が無いことに気づく。

一部の関係ある人とだけ、ビジネスの世界を共有すればいいということになる。

自らの最大の利益を考えることがお金を稼ぐという世界では一番重要である。

お金は物質であり、集めるきにならなければ集まらない。

ということで、多くのお客さんと付き合うことはやめた。
必要がある時、必要に応じて連絡を取り合う。それでいい。

自らの研究

不動産の投資物件や、ホテル物件などの収益物件など、弊社では多数取り扱っている、毎日、仲間やオーナーから投資物件などの儲け話がやってくる。これは、まさに宝くじ状態である。ある意味、そんな話がゴロゴロ目の間にあれば、感動もなくなり、結構スルーしている案件も多い。
もっと、金儲けできる案件には、意識を向けるべきだと思う。

確かに、自分自身がやっていて、これだと思う仕事以外、仕事にならないのが事実である。
だったら、なんでもこれだ。儲かると思うことが大切だと思う。

日本の中でいれば、「こんなご時世ですから、、、」という前置きの文章を毎日聞いていると、こちらも鬱になってくる。

他人悪想念に関係なくできるやはり、投資系のしごとが一番だろう。意識をそっちにだけ向ける。

できない理由、やれない理由など、死ぬほど聞いていると、何もやる気が無くなる。
だったら、自分で完結する仕事が一番である。

結論が出た。

金儲けの仕組み

数年前から思っていたこと。金融と不動産のビジネスをする。金融投資と不動産投資は、連動する投資である。
また、貿易に関しても取引商材としては金融商材にもなり得る。
そう考えたとき、世界のマネーがどう動くか、それを考えたときに、金融、不動産、貿易をいかに組み合わせるかという部分が大切になる。

儲かる仕事という部分だけにフォーカルしてビジネスを取り組むようにする。
結論、価格競争に巻き込まれるジャンルの仕事は、利益に正直つながらないことが言える。

やはり、究極のビジネスは、金で金を作るということだろう。

ビジネスは、究極はお金という利益を得るために仕事をしている。社会貢献度などのボランティア的意識も大切であるのはわかるが、人生の時間を考えたときに、その考え方ではとても、時間が足らなくなる。

「時は金なり」という言葉があるが、どうも、今のペースのやり方では、所詮自分の人生はこんもんか、という諦めの中で生きることになる。

これから、朝から晩まで24時間 金儲けについてフォーカスして生きることにしよう。そうなれば、どうなるか人生の実験をしてみたいと思っている