東京オフショア

(MNBインターネット大学)

東京オフショア市場 1886年12月に創設されている・・・・

_____________________

東京オフショア市場(Japan Offshore Market)とは、外為法(外国為替及び外国貿易法)の規定により、財務大臣の承認を受けた特別国際金融取引勘定(オフショア勘定)を保有する金融機関が、非居住者を取引の相手方として海外から調達した資金を海外で運用または貸し付ける、「外-外取引」を行うことを原則とする市場です。岸から離れた市場という意味で、オフショアと呼ばれています。
日本の金融資本市場の自由化、国際化を図るために、1986年12月に創設されました。国内の金融市場とは切り離された形で運営されている市場であり、金融や為替管理上の規制が大幅に緩和されているほか、税制面でも優遇されています。なお、世界的によく知られているオフショア市場としては、ロンドン、ニューヨーク、シンガポール、香港、ルクセンブルグ、バーレンなどのほか、バハマ、ケイマンなどタックス・ヘイブン諸国があげられます。