勝ち馬に乗る

(MNBインターネット大学)

国際金融と軍産複合体に近づく政府、

現在の与党の政策を見て感じることは、ある意味、手っ取り早く世界経済の恩恵を受けようと思えば、世界最大の大資本に近づくのがいいという考えは、ひとつの成功法ともいえる。

ビジネスの手法に、「勝ち馬にのる」という方法が存在するが、世界のマネーゲームで国際金融に勝てる経済パワーは存在しておらず、世界経済の中で国際金融と対立しても結論いい結果をえることもない。

日本の社会保険の金融業界の運営もその国際金融の世界に大きく関係しているだろう。
すなわち、政府行動は、国際金融の世界の中で存在していることを意味している。

このような時代を生き抜くには、国際金融が運営している金融ビジネスに参加して恩恵を得ることが一番手っ取り早い資金調達になる。
すなわち、国際的な金融商品取引を行うことが重要という考えになる。