金融世界のお金

日本でなんの仕事が儲かるかと考えたときに、普通に仕事もしてもなかなか利益が出ない。

もう、金融に気合を入れるしかないと思っている。

世界の金融市場で動いているお金は、2京円を超えているということである。実質経済の4倍から5倍という世界、強いて言うなら、金融市場の金融商品などの総額を考えたとき、まだまだ、お金が存在するということです。やはり、動いている金額の大きいところでビジネスをすれば、お金という数字を手に入れるにはいいと思う。

金融経済と、実質経済には、大きな差があるが、金融経済の大きさに、実質経済が飲み込まれているのは事実である。