新時代の国家形成

人間が極力管理しない国家を目指す。ビックデーターとAI技術を用いた新世代民主主義というものが、これからの民主主義として大切ではないかと思い出した。

人が関与すると、人治国家での予算、法体制を整えても、真の多数決社会の民主主義など実現できない。それであれば、意見箱などわざわざ設置せず、インターネット上の発言から問題点をビックデーターで集積して、それを解析する。その意見、発言の多さなどで、優先順位を決めて予算分配をする、公平性があるかないかは、その数字を判断する上で、諮問委員会を設けて、コンピュターの判断がどの程度的制度があるかを人も関与して、判断する。そのデーターは、すべてインターネットに公開する。

また、行政作業のコンピューター上での自動化、また、電子通貨などを用いた社会保障資金の分配、流通通貨は、紙幣ではなく、ブロックチェーンで情報を共有できる仕組みのなかで、分配する。

そうすれば、かなり高い公平性が保てるとおもっている。また、多数存在する事務職など、一般事務的公務員の仕事は、人件費の削減に繋げられ、逆に、社会発展するための投資資金として浮いたお金を循環させる。

まさに、それくらいの改革は必要だろう。
予算、法律の整備も、社会問題がどこにあるかをビックデーターで解析、必要な問題点を解析して、そこに法改正、予算をつける作業をする。

まさに、陳情よる人脈主義よりも、民意の強さが法になるという考え方がこれからの公共政策には、必要だろう。

無駄をなくせばかりの論議は、根本をビックデーターから解析するアルゴリズムに、転換する新世界秩序が新しい社会を形成するだろうというイメージが強くなってきた。

政治の世界、国造りも、そちらにフォーカスしていくだろう。あとは、旧利権者との裏での戦いが存在するだろうが・・・

国のあり方と新しい世界秩序

もし国家運営のルール決めの公平さをビックデーターとAI技術を用いて行うとしたら、目標点になる部分がアルゴリズムとして必要になります。効率化することは、計算により弾き出すことができても、最終的な到着点、ある意味、宇宙が何を求めているのか?人類がなにを求めているのかなどの、まさに神の領域の意見については、方向性を決めるアルゴリズムが必要になってきます。

それを考えた時、グローバル時代に人類はどの方向性に行くのか?というアルゴリズム、すなわち、「新世界秩序」的発想が必要になってくることは理解できます。

まさに、人類の目標とする理想的な選択はどんなものなのか?

それを考えたときに、そのアルゴリズムは、コンピューター的な人間「マルチタスク」を求められるのではないかと予想しています。

新人類的発想は、まさに、コンピューターの基本になるシステム、アルゴリズムをコンピューターと同じように実践できる人、

AIがあるとき、人類を支配するようになるというSFのような話がありますが、AIが選ぶ人種は、「AIと同等思考を持つ人物像」というものを今後は人に求める様になると考えれば、逆説ですが、それがイメージできます。

まさに、マルチタスクで多動力をもった人類が、最終的に新世界秩序で選ばれる選民になりえるのではないかと予想しました。

国のあり方

国会の審議の多くは、予算編成と法律作成である。

予算編成に関していいえば、もう10年、15年もすれば、人間が考えるより、数字上の話はAI技術を用いて、効率化したほうが、いい結果になるのは見えています。
現時点でも、将棋、囲碁の世界でも、NO1の名人よりコンピューターのアルゴリズムが勝つという事実もあります。

法律の作成に関していえば、人の社会になにが問題があるか、また、それをどう解決するか。という問題も、インターネット上の発言のビックデーターを整理して、問題点を突き止め、そして、それに対応するシュミレーションを多数だし、最大公約数的に、どのあたりが世間にとっていいルールになるかと割り出すことも、AI技術で可能になってきています。

すなわち、民意とルール決めは、本当の民主主義を唱えるなら、ビックデーターと個別IDをもちいた、スマートフォンでおこなう国民投票、意見箱のほうが、正当性の高いクリアーな社会を作ることができます。

ある意味、あそこまで大げさに、人が集まり、する必要もなく、データーに改ざんがないか、ハッキングされていないかのセキュリティーチェックするチームと、公平さを最終的に決める代表、また、優先順位を決める際の、審議くらいは、人間の手で行い、人治国家としての法律作成は、今後、過去のルールになるということが見えてきた瞬間、政治で何かを変える時代というイメージが一気に崩壊していきました。

まだ、そんな時代にならないよ。という人がいると思いますが、20年前には、普通にあったカセットテープ、ビデオデッキは、今は全く見なくなりました。
普通にあったものが、20年後、まったく過去のことになる。
これからの時代は普通のことになる。

ある意味、これも新世界秩序の世界なんでしょうね。
政治は、コンピュターテクノロジーで公平さの社会構造を作り、仮想通貨によって、すべての人が使うお金に暗号をいれてお金の動きを管理する。

現金は世の中から消滅して、携帯電話番号と個人情報を紐付けして、その人のすべてを管理していく社会、

現実でもその世界にどんどん近づいています。
ある意味、ビックデーターの決め事は、まさに、民意をよの中にする民主主義は、ビックデーター集積コンピューターがその役目を担うようになり、最後の方向性が正しいかは、公共政策を論議する諮問委員会に任せればいい時代になるでしょう。

国会議員の定数がどうか?また、無駄をなくして人員削減、給料カットなど、予算編成と法律を作るためにどれだけ関係あるのかという論議に、嫌気をさした民衆は、公平さは、ビックデーターを整理して公開して審議したほうが、正しいという意見になるのは当然だと思います。

密室の会議は、今後、崩壊していくでしょう。

一点集中よりマルチタスクを選択して実行する

(一点集中よりマルチタスクを選択して実行する)

集団行動で生きる方法を教えてきた日本が、急激にグローバル時代における個人主義社会に移行していくなかで、日本の社会システムに極限に頼らない生き方の選択というのは、たとえ、日本にいても海外をからめて収益を得る方法だと思っている。

日本の経済が崩壊したといしても地球自体が崩壊しない限り、潰れる可能性が少ないビジネスモデルというものを、体系化していくことが大切だと思っている。

これは、企業であっても個人であっても同じことが言える。
今後、そのことに意識をフォーカスしてビジネスモデルを組んでいく。

自分が地球上でどんな位置にいて、なにをすれば、収益が得る道があるか、ものすごく広い網を張る事が大切だと思っている。まさに、世界中にネットをはったクモのようなものである。

そう考えれば、必ず何か自分にフィットしたものが、マルチタスクで見つかるだろう。

マルチタスク (英: multi tasking) は、コンピュータにおいて複数のタスク(プロセス)を切り替えて実行できるシステムのことである。Unixなど「プロセス」という用語を使うシステムではマルチプロセスともいう(ほぼ同じも�…
JA.WIKIPEDIA.ORG

新しい時代

新世界秩序は、大きな政府よりも小さい政府になるだろう。中央集権が国と統治して意味をなくしてくる。コンピューター管理による全国民管理ができる時代に入った今は、大きい単位でまずは、管理をまかせて、枝分かれして細部に管理を広めていくプラミッド構造は、必要なくなる。すなわち、管理者側のオーダーは、直接管理されている人にオーダーがいくようになりる。大きなリーダーを育てる必要がなく、地域特性を活かした地域ごとの管理へ単位は小さくなる。
すなわち、日本も、今後、中央集権制度は、政府財政破綻状態を理由に小さい政府になり、そして、道州制を導入して、地域ごとに自治を任せる「自治国家」を目指していくことになる。

中央集権制度による大きな政治は意味をなさくなっていくだろう。

また、地域別で区割りした自治国家、道州制導入後の国家は、それぞれの外交、貿易などは、地域ごとで行うようになり、外務省のような大きな組織は必要なくなり、道州制の自治区に外交部ができ、直接諸外国との経済交流が活性化していく。

外国資本の地方自治体への流入が活性化し、国家は、一つの民族単位、または、第二次世界大戦後の地図上で示す行政単位として存在するが、ある意味、道州制で管理された自治区として自身の運営力が力を増すだろう。

インターネットを利用した世界規模で面白いアイデアを先出しできた地域が世界で優位性をもつことができるだろう。

地域特性を利用した速度感あるビジネスがインターネット上でサービス提供でき、世界から金を集めることができるリーダーが居ることが、その道州制の自治区にとって生命線につながることが容易に想像できる。

すなわち、国より、地方自治体レベル、道州制による自治区が単位が重要になっていく。

逆に言えば、世界の国家は小さい政府になり、地域別に存在する自治区、州などの単位が、世界的にビジネス競争で戦う湯になる。日本人という単位でなく、あなたは。どこの自治区、どこの州出身か、在籍しているかが重要な時代になるだろう。

これは、中央集権社会の崩壊になり、新世界秩序の流れになると予想している。よって、国家交流よりも、地域間交流が重視される時代になる。そのことにより、新しい世界ルールができていく。ある意味、中央集権制度の崩壊をおこなうことが、新世界秩序経の移行するためのガラガラポンにつながる。

2035年問題

内閣府、総理官邸から出されているレポートで非常にゆるやかであるが、2035年問題について書かれている。

レポートは、2035年の未来の働き方ときれいな文脈になっているが、逆に言えば、この変化に乗り切れない人は、グローバル時代の個人主義社会に対応できなければ、生きていけないことを意味する。

すなわち、組織じゃない。自分がインターネット上に存在するツールとして存在できるかどうかということにフォーカスしたほうがいい。

コンピューターは、いきるために必要かなど話していると、完全に、20世紀の遺物として、放置されるだろう。

集団社会で頑張れば生きていける時代の消滅を意味し、逆に言えば、グローバル社会で一人でも生きていける個人主義者が、生きる道を選択する自由が存在するようになる。

自由選択ができるということは、自由と言われると、意外とそれを決める勇気が多くの人が無いことに気づくだろう。

国もそこまでどうしたらいいかは、教えないと思う、

逆に、国の存在価値も小さくなることが言える。

まさに、新世界秩序のワールドに入っていく。

KANTEI.GO.JP

世界の裏表

世界の動きは、裏の動きと表の動き、

どんな世界でも陰陽の世界が存在する。今の時代、陰陽の世界はなんであるか、神話の世界でも、人が生きる世界の裏には死者の世界、黄泉の世界が存在している。
今の時代に於ける表と裏はどこにあるかを考えていると、ふと気付きがあった。

まさに、表が現実社会で、自分たちが生きる4次元の世界。そして、裏側がインターネットで存在するヴァーチャルな世界、 まさに、それが、黄泉の世界と同じ意味を持っている。

21世紀から22世紀にかけて、黄泉の世界は、インターネットの世界に存在する場を変えていくだろう。

現実社会を陰陽の世界でいえば、陽の世界だとすれば、陰の世界は、インターネットのバーチャルな世界だというふうに定義つけると今の社会構造、人の動き方に理解ができてくる。

世界は、意識の世界では、グローバリゼーションしてきているが、現実社会のメディア報道、政治家のパフォーマンスは、グローバリゼーションに逆行して、アメリカファースト、都民ファースト、自分ファーストというまさに、過去から存在する選民主義へ意識を向けている。
これは、選民主義に表は大きく動かしていることは、逆に裏の世界(インターネットの世界)では、着実にグローバリゼーション化が進んでいく。

これは、宇宙の摂理だろう。右に弓を引っ張れば、左に戻る反動のちからが大きくなる。意識の世界は、弓矢の弦のようなものである。

すなわち、21世紀の最後の人治国家の政治家たちの意見は、選民主義を必死に唱えれば唱えるほど、自分たちの存在意義がっどんどん消えて行っていることを意味している。

すなわち、今唱えている○○ファースト主義は、まさに、グローバリゼーションを推進するためn新世界秩序への加速になっていることに気づいた。

すなわち、もう10年もすれば、くだらない政治議論など、国会で行うより、判断は効率化したAIのはじき出した結果のほうが、正しいということになる。

よって、最後のダメ出しをしているのが、まさに、今の○○ファースト主義である。

これは、完全にバーチャル世界に存在する世界政府と新世界秩序への世界への移行であり、それは、人の意識の中に完全に支援と入り込む過程であると考えられる。

効率化といえば効率化かもしれない。
私が、ここ最近、心のなかで、世界を変えるのは政治家でなない。世界をよくできるのも政治でないとよく思うようになった。なぜ、そう思うようになったかの理由が頭のなかで理解できた。

ある意味、人間が今論じている世界平和論など、近い将来、あれは過去のことだと笑うようになるだろう。

ここ最近、こころのなかで、MNBインターネッと大学校では、グローバル社会の中で新秩序が生まれ、個人主義へと移行する世界に対応する人を作ることが先決だと感じてきた理由が見えてきた。

この一気に変わる流れを理解できなければ、まさに、新世界秩序のルールに乗り切れず、生きていけない人ということになる。ある意味、イルミナティーで噂されている人口削減計画ということになる。選民された人類のみが生き残れる社会、

選民されたというのは、私が思うに新世界秩序に移行した後でもそのルールを理解して生きていける知恵を備えている人ということになると思っている。

まさに、それの部分を考えて道が開けるかと考え出せば、なにか頭のなかに存在するモヤモヤが晴れてきた気がしてきた。

新世界秩序

仮想通貨の暴落について考えていると頭のなかに、「新世界秩序」のことがよぎった。

新世界秩序とは、「NEW WORLD ORDER」と言われており、NWO と略称では言われていると説明されている。

経済的支配と人のコントロール。人工知能と金融、そして、人口削減計画など、ある意味イルミナティーと言われる陰謀論につながる話など世間ではウワされているが、新世界秩序が世界政府樹立の基本としてコンピューターのネットワーク上で実現されていくのであろう。

電車の中を見ても、歩いている人、休んでいる人を見ても、多くの人は常に迷って生きているので、スマートフォンからの情報を頼りに、多くの人は生きている。

ある心理学の実験によれば、人類の95%の人は、周囲の情報に多大な影響を受けながら生きていると言われている。

すなわち、方向指示器を常に求めていることになる。

ネット依存症などは、まさに、人の心に存在する迷いの隙間を埋める作業をしているのである。

まさに、今各国の政府を超えた秩序がクラウディングされたコンピューター、スマートフォン上で展開されていることになる。

新世界秩序(しんせかいちつじょ、New World Order、略称:NWO)とは、国際政治学の用語としては、ポスト冷戦体制の国際秩序を指す[1]。また陰謀論として、将来的に現在の主権独立国家体制を取り替えるとされている、世界政…
JA.WIKIPEDIA.ORG

仮想通貨の世界は、なにが起こるか?

今日の仮想通貨安を見て、インターネット取引だけで見たこともない取引所で行われている仮想通貨の情報というものは、人の心理に働きかけるニュースもビックデーターの解析とそれを同時多発的に何かのイベントを書き込むことができる能力をもつシステムがあれば、一瞬にして市場をひっくり返すことができるということだろう。

インターネット上での書き込みは、すべてテキストベースでデーター化されており、常に多くの監視サーバーによりデーターを抜き取り、発言などを自動集計している。人の意識が、そろそろ、何かあれば・・という期待が高まれば、その時期に、噂を流せば、何かを変化させることができる。
今回は、ロシアの交換所が、北朝鮮からのハッキングという噂が、暴落の原因になった。

これは、ある意味、あくまでも想像の世界でいえば、人の意識を常にビックデーターとして調査していて、マンネリ化して変化を求めているときのタイミングを狙って、大量のデマを出す。そうすることで、相場を下げることができ、デマを出す前に、高値で売り切り、そして、その後、暴落後、買い増せば、膨大な利益をえることができる。

ロシアなどが国家的に仮想通貨に参入しようとしているいう噂もあり、そうなれば、ある意味、ビックデーターの意識とそれを動かすシステムがあれば、マネーゲームで勝者になれることがある。

世界は、常に經濟戦争状態になっており、仮想通貨市場も100兆円を超え、200兆円近い市場になってくれば、ある意味、多額の外貨獲得のための国際戦略として、非常に重要な市場になてきている、。

2009年にある人の論文がきっかけで、始まった仮想通貨、ビットコインも、オイルマネーに負けない外貨獲得戦争の利益になったのかもしれないと思った。

もはや、世界の経済戦争のツールにもなり得るツールだろう。24時間自動取引でコンピューター上だけで行えるマネーゲーム、まさに、なにか新しい時代のパワーバランスを作り上げるだろう。

アルゴリズム

高齢化した社会は、誰か天才の考えたロボット 人工知能に頼って、人工知能にセッティングされた計算より、金融取引を自動化で行い、生活する資金を稼ぎ、人は、自宅を中心に生きている時間を好きなことをして過ごす。これが、未来の生き方だろう。ということは、人工知能のバージョンアップして、最先端データーを入力し、そして、その考え方のアルゴリズムを考案していく人間がすべての世界を征服し、經濟、人間社会をコントロールする時代になる。世界を動かすのは政治家でもなく、コンピューターのアルゴリズムを考え出す人間の本質によって決まる。

ある意味、少数の意識体で世界は動かされることになるということだろう。

アルゴリズム(英: algorithm [ˈælgəˌrɪðəm])とは、数学、コンピューティング、言語学、あるいは関連する分野において、問題を解くための手順を定式化した形で表現したものを言う。算法と訳されることもある。
JA.WIKIPEDIA.ORG